FC2ブログ
2021/03/04

『リーガルダンジョン』をやりました



罪とは、どこから生まれるのか。
ここは、罪と罰、ノルマが入り組んだ迷宮。

(リーガルダンジョン トレーラーより)




こんあま~
やったゲームの感想を書き溜めるブログになっている。
ツイッターはネタバレ感想が非常に書きにくい~。


ゲーム『リーガルダンジョン』をやりました。
元々韓国語のゲームで、『グノーシア』を作ったひとたちが日本語翻訳をブラッシュアップしたという経過があるという本作。面白すぎたためそれを伝えるために再翻訳したくなったらしい。

それは期待できる……と前から気になっていたのですが、ニンテンドースイッチでできるようになったので早速プレイ。スチーム版もあるよ!






これね……すごかったんですよ……
プレイ時間は10時間程度だったのですが、4日間くらい感情を引きずってるので、大変コスパがいいですね……。
エンディング数はゲームオーバー含め14個。

ちょっと紹介を書く。

――――

主人公は警察官。
事件の関連資料を読み、被疑者の有罪/無罪を選択し、意見書を提出する。
その選択により、被疑者、そして自身の運命が左右されていく。

主人公が直接捜査を行うことはなく、部下が集めてきた捜査資料や関係法令・判例を参考にしながら捜査書類をつくっていきます。
被疑者の個人情報や適法条例・犯行事実などを入力し終わったら被疑者とダンジョンで議論バトルを行います(!?)。
そこで犯行事実を証明すれば有罪。
罪に当てはまらないことを証明すれば無罪の意見書を提出することになります。

――――


珍しい点は、有罪/無罪に客観的な正解が無いということ。
法令をどのように解釈し、どう境界線を引くのかはプレイヤーの選択次第。
良心、社会正義、組織としての意向……すべてを踏まえて選択しなければならない。


まずネタバレなしの概念感想。

この作品は、プレイヤーの選択により、物語が分岐する『インタラクティブゲーム』であるということを最大限に生かしていると思います。
主人公の行動を選択するのはプレイヤーです。
プレイヤーに選択させるからこそ、物語の最後に見えてくる主題が、ずしりと胸に響く。

全エンディングをみたあと、作者さんのインタビュー(翻訳)を読んだのですが、作者さんの意図を知ってから物語を見返すと、う、うまい……あまりにもゲーム作りがうまいよ……。
そして人がどうすれば罪悪感を抱くのかを熟知している。
このゲームは罪悪感3部作の1つらしい。……え、こういうのがあと2作も……・?

選択に苦しみたい人にはおススメのゲームです。
ちなみに私は苦しみたいタイプです!
ゲームに感情や価値観を揺さぶられることを求めている節があるので……。
現実社会の解像度が高すぎて自分の仕事がフラッシュバックして苦しむひともいるらしい。分かる。

エンディング回収は手軽にできると思います。
ただし心は軽くない。

翻訳ですが、立ち絵はないんだけどセリフだけでキャラクターの個性が出ていて良かったです。
この重さは文字だけだからこそ味わえるものだと思いました。書類には人格も感情も存在しないから。
とはいえメインビジュアルは最高なんだな。
川口さんの煙草、良いよね。……



というわけで追記で本命のネタバレ感想します……














>>続きを読む
スポンサーサイト



ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2021/02/07

バディミに生活が乗っ取られた




う、うまい! あまりにも、うまーーーーーーい!

こんにちは。バディミッションBONDに生活を乗っ取られていたあまよです。
先日無事全ストーリー&サイドストーリークリアしました! おめでとう! ありがとう!

先日の記事を訂正したく取り急ぎ筆をとった次第です。

ミステリでした。
ミステリでした……。

私は完全敗北して最後の5章分はただ頭を垂れながらシナリオに殴られ続けるしかなかった……
クソッやられた!(画像なし)

前の記事でも触れましたが、メインミッション(メインシナリオ)のクリア状況に応じてバディエピソード・サイドエピソードが解放されていきます。
バディ・サイドエピソードは本編では深く触れていないバディ同士の関係性・掛け合いや過去話、「一方その頃……」な裏話などが読めます。そのサイドストーリーで触れられた要素がメインで回収され……昇華されていくのであまよは死にました。
こんなんみんな好きなやつでしょ。好き。大好き……

これオタク好きなやつ~~っていう要素でも殴られ続けるんだけどこれ、普通に、すごくない?って流れになってきたほんま……ほんま……先が気になりすぎてクリアまで駆け抜けてしまった。

何も(公式HP以上の)事前情報得てほしくないけど面白さは伝えたい、矛盾するこの気持ち……。
何も伝わらなくていいんですがここに狂ってるオタクが存在することだけ知ってくれればいいかな……。

誰向けかを言った方が良い気がするけど、かなり手広くいけると思う。
参考までに私が好きなジャンルは 探偵バディもの、群像劇、心理バトル、パワプロクンポケット(?)なのですが。
傾向的にやや暗めな話が好きなのですがこのゲームは問題なかったよ(暗いという意味ではない)。
パワポケ好きなひとは好きだよ(暗いという意味ではない)。パワポケは希望の物語。

私が設定資料集やらアニメ化やらを見たいから売れてほしい(欲望)。

バディミッションBOND――それは『絆』が生み出す物語。

追記でネタバレ感想書きますね……


>>続きを読む
ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2021/02/02

『バディミッションBOND』をやろう!



もうみなさんはニンテンドースイッチ『バディミッションBOND』をやっているかな!?
私は発売日に買ってバディミ筋肉痛に襲われているよ!
セリフ回収周回のために潜入パート繰り返してボタン連打してるからね!




『バディミッションBOND』公式サイト


……。


動画見ました? 見てない。なるほど。
簡単に言うと「誠実で正義感の強い警官ルークが乱暴だが情に厚い大怪盗アーロンとバディを組んで謎の組織と戦うお話」です。
王道バディものっぽいな!

……とりあえず「王道はちょっと受け付けないかなぁ」となっているかもしれないひとたちに伝えたいことがあります。

なぜなら購入前の私がそのタイプだったからだ!


バディミッションBONDはおそらく王者の道を歩いていると言えると思います。(バディ王道に詳しいわけではないが)
しかしそれはありふれている、という意味ではありません。

一見してもとっつきやすいですし、ストーリーもかなり分かりやすいのですが、結構登場人物の関係性とか心情とか抱えている思惑とかえぐいところもありまして……そこがいいんですよねぇ!
メインストーリーとは別にサブストーリーという形で登場人物の過去や心情、バディとの関わりが分かるエピソードがどんどん解放されていきます。登場人物の深みが徐々に増していくシステム。


警官・怪盗・忍者・詐欺師でチームを作って謎の組織と戦うのですが、それぞれチームとしてのミッションとは別に思惑を抱えています。その思惑によって衝突したりなんなりするわけなのですが、それがねぇ、切実なんですよねぇ
フルボイスでの信念のぶつかりあいはいいぞ。

とにかく。「王道はちょっと……」みたいな人達も楽しめますということだけはお伝えしたい。
体験版を2章までやれば独特の雰囲気が味わえると思う。癖(ヘキ)が、すごい……
3章以降で登場人物増えてからがより無敵になっていくんですけども。
今から始めて古参になろう!


ゲームシステムは、推理ゲームという感じではないです。
逆転裁判とかダンガンロンパとは系統がちがう。逆転裁判オマージュかな?みたいなネタはところどころあるけど。
捜査して情報を集め、敵のアジトに潜入する。スパイアドベンチャーですね。
アクション要素はほぼほぼありません。タイミングに合わせてボタンを押そう!とかはある。たぶん誰でもできる。
パズル要素もあるけども、攻略に詰まる要素はなし。

アジトに潜入するのは4人のうち2人。キャラクターの組みあわせをプレイヤーが選べるのですが、選んだバディによって展開が変わります。お気に入りバディで挑むのもよし、ストーリー上で因縁のあるボスキャラにぶつけたいキャラクターを編成するのもよし……。何度も周回したくなります。フルボイス3Dですよ!
こういう感じで自分で潜入ルートやそのルートに最適なバディを選んで計画実行する!っていうのが物語を動かしている気持ちになり、面白い。


……よしよし、大分日本語が話せている気がするぞ(当社比)。
感想を言おうとすると「忍者がえっちでさ……」みたいなことになるので日本語をひねりだしている。忍者はえっちですが……。
オジサンは、良いよね……。

かくいう私もまだクリアしていません。
たぶん半分は超えている、と思う。プレイ時間はいま25時間くらいです。
サブストーリーも含めて結構ボリュームある!

とっつきやすく誰にでもおススメできる難易度&癖(ヘキ)を求める層にも届く深めのキャラクター描写の『バディミッションBOND』、是非是非やって一緒に忍者さんの話をさせてほしい……ウウ~~~(嗚咽



寝ましょう。おやあま~
ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2020/11/23

みんな畑やっとるか?



恋愛要素があるゲームにおいて、複数のキャラクターを同時に恋人にできることがあります。
できるタイプのゲームというのは大体は他にメインストーリーがあって、サブ要素として恋愛もできるよ!というものであると思います。

ペルソナとかですね。というかペルソナでしかその手のやつやったことないけど、まぁ他にもたくさんあると思います。
パワポケも場合によってはできるんですけど、やるとペナルティがえぐすぎてね……
選手登録直前で二股バレて能力値がゴミになったりね、あるんですね……

先日からプレイしています『ルーンファクトリー4』でも複数恋人プレイは可能です。
可能、らしいんですよ……


まさかこんなに悩むことになるとはね…………・。



アーサーさん1


アアッ、アーサーさんッッッッッッ



アーサーさんプロフィール

とある理由で町へやってきた青年。
高貴な家柄の出身で王子の仕事にも詳しいようだ。

交渉事が得意で、町では貿易の仕事に毎日追われている。
かわいいものが好きという意外な一面も。

『ルーンファクトリー4 スペシャル 公式サイト』より引用




ええ、わたくし通常は一途プレイをしないタイプのプレイヤーなので(すまん)、全員恋人にするつもりでした。
まずはアーサーさんから……というような不純な動機でね、お付き合いを始めたわけですが……


アーサーさん2


可愛いのは貴方ですが……
(これはプレゼントしたさるのぬいぐるみに対しての反応であり主人公に可愛いと言っているわけではありません)


なんかなー。アーサーさんがなー。告白イベントがな、あまりにも……あまりにも……

こんなん裏切れねぇ~~~~~~あば~~~~~になってしまいまして、非常に困っています。
いやぁ、周回前提のゲームならね、1人決めてやるけども……6人候補いるし、そんなに周回できないよ……
いつもは脳内で6人の主人公を作り出して「これは別の世界線なので」と自分を納得させることができるんですけどね、なんか上手くいかなかった。どうしちゃったんだろう。

もうここまで来たらメインストーリー完走まで一途プレイ、完走後セーブデータ複製、一人ずつ恋人→結婚をしていく……という感じでいこうかと思っております。どうしてこうなった。


追記で告白イベントの感想いうので、セリフネタバレ等だめな方はブラウザバックしてください。
>>続きを読む
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2020/11/11

晴耕雨読をしている



シルバニア赤子写真更新したけどちょっとかわいすぎんか?
シルバニア投稿ブログに変えたほうがよくない?


こんばんは。
毎週水曜日は暇だからブログが書けるぞ~バリバリ

といってもですねぇ、卓(TRPGのことを指します)と畑で最近忙しくてですねぇ~~


ん?……?


そう、私はいまNintendo Switch『ルーンファクトリー4』をやっています。



畑


クリックで大きくなるよ!
見てくれよこの畑を……
たぶん作物は種類を揃えて植えたほうがゲーム的にも良い気がするけどまぁそれはおいおいね!


ルーンファクトリーはですね、牧場物語に剣と魔法要素を加えた感じ……らしい。
というのも牧場物語もルンファクも初めてだからな……楽しいことは分かる。

主人公は王子(姫)となって畑を育てながら街のひとの依頼かなえたり剣と魔法でダンジョンに挑んだり恋愛したりするよ!
つまりなんでもできる!

ゲーム内時間は朝~夜まで爆速で進んでいくんだけど日数制限が特にないらしいのでプレイ効率を気にしなくてよくて、助かる~
最近スイッチオンラインでフリートライアルをしてたので手を出してしまいました。
トライアル期間中にクリアできるわけはなく、まんまと購入ですわ!

今セール中で半額です。
詳しくはこちら!
Nintendo Switch『ルーンファクトリー4スペシャル』が「いっせいトライアル」に登場


というわけでね、暇さえあればやっているわけですが、誰と結婚するかが問題なんですよねぇ……
結婚できるのは当然1人……


やはり……ダグか……?


ダグ


熱血漢でお調子者だが根は真面目…‥‥はい。好き。
ダグにつきまとって毎日おにぎりあげてるんですけど……なんか、この子だけ、一緒にお出かけできなくない……?
なに……こわいよ……

まだ始めたばかりなので、進展ありしだい報告していけたらなと思って無くはないです!



さて、今回はこんな欲張りさんゲームの記事を書きましたが、同じく欲張りさんゲームといえばマーダーミステリーですね!
というわけで、次回はマダミスの記事でお会いしましょう(ほんとに?)
それでは……
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »