FC2ブログ
2014/04/19

私なりの愛ですわい




ふと思い立って森見登美彦『四畳半神話大系』のアニメを見返した。
そこには薔薇色の大学生活への希望と森見作品への愛があった。
思い返してみれば、私はインターネットで「もりみーーーーっ」と叫ぶことは多々あってもそれについて詳しく書くことは久しくなかったのではないだろうか。今こそ世間体を気にせず需要も気にせずホロワーの目も気にせず森見の魅力を書くべきである。
という訳で今回は自分の無聊を慰めるためだけの記事です。


聖なる怠け者の冒険聖なる怠け者の冒険
(2013/05/21)
森見 登美彦

商品詳細を見る



一年ほど本棚に眠っていた『聖なる怠け者の冒険』をこの間読んだ。
充実した土曜日を過ごす人間たちが怠けたり頑張ったりする話だ。

他の作品にも共通することだけれど、登場人物に寄り添う作者の目は暖かい。
どうしようもない屑人間だろうと誰だろうと、作者は彼らを暖かく描写する。

なんというか、森見作品には使い捨てのキャラクターがいない、と私は思う。
どのキャラクターもそのキャラクターなりの生き様があって、また、それを知りたいと読者に思わせる魅力がある。
作者は自らの著作のことを「息子」「娘」と呼ぶけれど、その中に出てくるキャラクターたちも作者にとっては息子たちなんだろうなと。だから彼らのダメな部分も暖かく描いているのだろう。

私はそこが好きなのだ。
だから、ストーリーとか構成とか関係なしに全ての作品をべた褒めてしまうのだけれど……。仕方ないね。
『聖なる~』も良かったです。狸とか出てくるけど『有頂天家族』との関係はあんまりない。



書きたいことを書き尽くしちゃった。
上記以外にも、プライドだけが無駄に高いくせに行動力がない腐れ主人公に共感する、という点からも好きなのだけど、まぁ、それはそれで……。
最後に私の特に好きな作品を並べます。


新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
(2009/10/15)
森見 登美彦

商品詳細を見る



森見作品初めての人に薦めたいのがこれだったりする。
原作を読んでいたほうが面白いので読んでからのほうがよさそう。


太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)
(2006/05/30)
森見 登美彦

商品詳細を見る


デビュー作にして傑作。
なにがなんだかわからないけれど夕日に向かって走りたくなる、そんなときの小説。


恋文の技術 (ポプラ文庫)恋文の技術 (ポプラ文庫)
(2011/04/06)
森見 登美彦

商品詳細を見る


総合的に考えると一番好きなのはこの作品。
主人公から他の登場人物たちへの手紙が並べられている、という構成。
行間を読む、というか手紙間を読むのが面白い。
腐れ大学生要素と乙女要素がどちらも味わえてお得だよ。



終わりです。すっきりしました。

スポンサーサイト



森見登美彦 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/07/16

有頂天家族公式読本を読んだよ

有頂天家族公式読本有頂天家族公式読本
(2013/06/27)
森見 登美彦、「有頂天家族」親衛隊 他

商品詳細を見る



読みました。
アニメについて多く書かれているのかな?と思いきや、森見氏へのインタビューや作品中に登場する場所の紹介や用語解説、また他の森見作品との関係など、原作ファンよりの本だったと思います。これからアニメを見る、という人にはネタバレがちょいと多い気もしますが、書き下ろし短編もカワイイのでぜひ。


森見氏のインタビュー、ちゃんと読んだことがあまりなかったので頷きながら読んでいました。
自然に出る方言がよいですね。

有頂天家族の制作過程のお話が多かったです。
ああ、やっぱりちゃんと考えながら書いてたんだ……と感激したり驚いたりしました。

主人公が狸ならば悲劇さえもコミカルに描けるということや、家族愛を描くときにも説教臭くなったり恥ずかしくならずにすむ、との言葉もあり、ひょうお~~~、と納得しました。

勝手に森見氏は何も考えずにどんどん書くタイプなのかな~と思っていたので、かなり意外ではありました。
ただ、主人公が狸である利点、というのは小説を読んでいるときでもひしひしと感じたことではありますし、つまり私達は森見氏の思惑通りに動いていたということですな~~!!!



はふう。
最近有頂天家族のことしか書いていないような気もしますが、好きだからしょうがないということで……
もったいなくて「聖なる怠け者の冒険」を積んでいるので、そろそろ崩したいです。


森見登美彦 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/07/14

アニメ有頂天家族第二話をみたよ



こんにちは、有頂天家族第二話を見ました。
興奮が冷めないので感想を書きます。


今回もよかったです。
個人的に有頂天家族の魅力は、毛玉家族の阿呆さと家族愛のギャップとそれによる相乗効果だと思っています。
ただ阿呆らしくてオモチロイだけではなく、毛深き家族愛がね、よいのです。

今回のお話で偉大な父と母の存在が明らかにされました。
うおおお~~~~~ッッ!!
父が狸鍋にされてしまったということや、その後も気丈に家族を支え続けている母の姿が描かれました。
うおおお~~~~~ッッ!!

母の狸姿がカワイイ! ギャーーーッ!

阿呆に育った息子達とそれを優しく見守る母。そして父の信念もちゃんと息子達に受け継がれている。

毛玉!毛玉!

くたばれ!くたばれ!

夷川一族も登場して、どんどん面白くなってきました。
海星ちゃんも出てきましたねぇ。

今回はあまり出ませんでしたが、弁天と赤玉先生との微妙な関係もどう描かれるのか期待です。
EDの弁天の絵がとてもよいので本編でもじっくり触れてほしいです。

ひえ~~、来週も楽しみです!








森見登美彦 | Comments(2) | Trackback(0)
2013/06/26

有頂天家族展に行きました




こんばんは、ぽんぽこぽーん。
先の日曜日に、秋葉原で開催しておりました「有頂天家族展」に行って参りました。



有頂天


このポスター、展示場にたくさん貼ってあったのですが、売店で一枚500円で売っていました。買って今部屋がもりみ~~状態になっています。
アニメのキービジュアルです。ほんわかした感じですね。



さあお待ちかねの展示物~! という予定だったのですが、撮った写真撮った写真に悉く私の顔がガラスに反射して写っていまして、流石に怖すぎるので掲載ができません……。


一枚だけなんとなく大丈夫そうなものがありましたので載せておきます。



utyouten.jpg



オラッ、矢三郎人間バージョンだ! ゲシゲシッ!

矢三郎、というのは主人公の狸でありまして、町に出るときは人間に化けています。腐れ大学生バージョンと女子高生バージョンがあります。女子高生バージョン激カワですね。ぷりっぷりです(本文より)。


とまあこんな感じの展示物がありまして、楽しめました。久米田先生によるビジュアル案や、連載予定の漫画版も展示されていました。7月からアニメ開始ですが、楽しみでたまりませんね。


動く毛玉がテレビで見れるよ! わあい!
では非常に眠くなってきましたのでこの辺りで。
もりみ~~~~~~
森見登美彦 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/05/29

「新釈 走れメロス 他四篇/森見登美彦」 感想


新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
(2009/10/15)
森見 登美彦

商品詳細を見る


大学に入学したからにはもりみーを読まなければ!…という訳でもりみーの本です。
「山月記」、「藪の中」、「走れメロス」、「桜の森の満開の下」、「百物語」の五つの名作文学がもりみーによって現代版に書き換えられています。短編集ですが、掲載順に読んだほうがいいと思います。

感想は続きからどうぞ。
>>続きを読む
森見登美彦 | Comments(0) | Trackback(1)
 | HOME | Next »