FC2ブログ
2021/03/04

『リーガルダンジョン』をやりました



罪とは、どこから生まれるのか。
ここは、罪と罰、ノルマが入り組んだ迷宮。

(リーガルダンジョン トレーラーより)




こんあま~
やったゲームの感想を書き溜めるブログになっている。
ツイッターはネタバレ感想が非常に書きにくい~。


ゲーム『リーガルダンジョン』をやりました。
元々韓国語のゲームで、『グノーシア』を作ったひとたちが日本語翻訳をブラッシュアップしたという経過があるという本作。面白すぎたためそれを伝えるために再翻訳したくなったらしい。

それは期待できる……と前から気になっていたのですが、ニンテンドースイッチでできるようになったので早速プレイ。スチーム版もあるよ!






これね……すごかったんですよ……
プレイ時間は10時間程度だったのですが、4日間くらい感情を引きずってるので、大変コスパがいいですね……。
エンディング数はゲームオーバー含め14個。

ちょっと紹介を書く。

――――

主人公は警察官。
事件の関連資料を読み、被疑者の有罪/無罪を選択し、意見書を提出する。
その選択により、被疑者、そして自身の運命が左右されていく。

主人公が直接捜査を行うことはなく、部下が集めてきた捜査資料や関係法令・判例を参考にしながら捜査書類をつくっていきます。
被疑者の個人情報や適法条例・犯行事実などを入力し終わったら被疑者とダンジョンで議論バトルを行います(!?)。
そこで犯行事実を証明すれば有罪。
罪に当てはまらないことを証明すれば無罪の意見書を提出することになります。

――――


珍しい点は、有罪/無罪に客観的な正解が無いということ。
法令をどのように解釈し、どう境界線を引くのかはプレイヤーの選択次第。
良心、社会正義、組織としての意向……すべてを踏まえて選択しなければならない。


まずネタバレなしの概念感想。

この作品は、プレイヤーの選択により、物語が分岐する『インタラクティブゲーム』であるということを最大限に生かしていると思います。
主人公の行動を選択するのはプレイヤーです。
プレイヤーに選択させるからこそ、物語の最後に見えてくる主題が、ずしりと胸に響く。

全エンディングをみたあと、作者さんのインタビュー(翻訳)を読んだのですが、作者さんの意図を知ってから物語を見返すと、う、うまい……あまりにもゲーム作りがうまいよ……。
そして人がどうすれば罪悪感を抱くのかを熟知している。
このゲームは罪悪感3部作の1つらしい。……え、こういうのがあと2作も……・?

選択に苦しみたい人にはおススメのゲームです。
ちなみに私は苦しみたいタイプです!
ゲームに感情や価値観を揺さぶられることを求めている節があるので……。
現実社会の解像度が高すぎて自分の仕事がフラッシュバックして苦しむひともいるらしい。分かる。

エンディング回収は手軽にできると思います。
ただし心は軽くない。

翻訳ですが、立ち絵はないんだけどセリフだけでキャラクターの個性が出ていて良かったです。
この重さは文字だけだからこそ味わえるものだと思いました。書類には人格も感情も存在しないから。
とはいえメインビジュアルは最高なんだな。
川口さんの煙草、良いよね。……



というわけで追記で本命のネタバレ感想します……














>>続きを読む
スポンサーサイト



ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2021/02/07

バディミに生活が乗っ取られた




う、うまい! あまりにも、うまーーーーーーい!

こんにちは。バディミッションBONDに生活を乗っ取られていたあまよです。
先日無事全ストーリー&サイドストーリークリアしました! おめでとう! ありがとう!

先日の記事を訂正したく取り急ぎ筆をとった次第です。

ミステリでした。
ミステリでした……。

私は完全敗北して最後の5章分はただ頭を垂れながらシナリオに殴られ続けるしかなかった……
クソッやられた!(画像なし)

前の記事でも触れましたが、メインミッション(メインシナリオ)のクリア状況に応じてバディエピソード・サイドエピソードが解放されていきます。
バディ・サイドエピソードは本編では深く触れていないバディ同士の関係性・掛け合いや過去話、「一方その頃……」な裏話などが読めます。そのサイドストーリーで触れられた要素がメインで回収され……昇華されていくのであまよは死にました。
こんなんみんな好きなやつでしょ。好き。大好き……

これオタク好きなやつ~~っていう要素でも殴られ続けるんだけどこれ、普通に、すごくない?って流れになってきたほんま……ほんま……先が気になりすぎてクリアまで駆け抜けてしまった。

何も(公式HP以上の)事前情報得てほしくないけど面白さは伝えたい、矛盾するこの気持ち……。
何も伝わらなくていいんですがここに狂ってるオタクが存在することだけ知ってくれればいいかな……。

誰向けかを言った方が良い気がするけど、かなり手広くいけると思う。
参考までに私が好きなジャンルは 探偵バディもの、群像劇、心理バトル、パワプロクンポケット(?)なのですが。
傾向的にやや暗めな話が好きなのですがこのゲームは問題なかったよ(暗いという意味ではない)。
パワポケ好きなひとは好きだよ(暗いという意味ではない)。パワポケは希望の物語。

私が設定資料集やらアニメ化やらを見たいから売れてほしい(欲望)。

バディミッションBOND――それは『絆』が生み出す物語。

追記でネタバレ感想書きますね……


>>続きを読む
ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2021/02/02

『バディミッションBOND』をやろう!



もうみなさんはニンテンドースイッチ『バディミッションBOND』をやっているかな!?
私は発売日に買ってバディミ筋肉痛に襲われているよ!
セリフ回収周回のために潜入パート繰り返してボタン連打してるからね!




『バディミッションBOND』公式サイト


……。


動画見ました? 見てない。なるほど。
簡単に言うと「誠実で正義感の強い警官ルークが乱暴だが情に厚い大怪盗アーロンとバディを組んで謎の組織と戦うお話」です。
王道バディものっぽいな!

……とりあえず「王道はちょっと受け付けないかなぁ」となっているかもしれないひとたちに伝えたいことがあります。

なぜなら購入前の私がそのタイプだったからだ!


バディミッションBONDはおそらく王者の道を歩いていると言えると思います。(バディ王道に詳しいわけではないが)
しかしそれはありふれている、という意味ではありません。

一見してもとっつきやすいですし、ストーリーもかなり分かりやすいのですが、結構登場人物の関係性とか心情とか抱えている思惑とかえぐいところもありまして……そこがいいんですよねぇ!
メインストーリーとは別にサブストーリーという形で登場人物の過去や心情、バディとの関わりが分かるエピソードがどんどん解放されていきます。登場人物の深みが徐々に増していくシステム。


警官・怪盗・忍者・詐欺師でチームを作って謎の組織と戦うのですが、それぞれチームとしてのミッションとは別に思惑を抱えています。その思惑によって衝突したりなんなりするわけなのですが、それがねぇ、切実なんですよねぇ
フルボイスでの信念のぶつかりあいはいいぞ。

とにかく。「王道はちょっと……」みたいな人達も楽しめますということだけはお伝えしたい。
体験版を2章までやれば独特の雰囲気が味わえると思う。癖(ヘキ)が、すごい……
3章以降で登場人物増えてからがより無敵になっていくんですけども。
今から始めて古参になろう!


ゲームシステムは、推理ゲームという感じではないです。
逆転裁判とかダンガンロンパとは系統がちがう。逆転裁判オマージュかな?みたいなネタはところどころあるけど。
捜査して情報を集め、敵のアジトに潜入する。スパイアドベンチャーですね。
アクション要素はほぼほぼありません。タイミングに合わせてボタンを押そう!とかはある。たぶん誰でもできる。
パズル要素もあるけども、攻略に詰まる要素はなし。

アジトに潜入するのは4人のうち2人。キャラクターの組みあわせをプレイヤーが選べるのですが、選んだバディによって展開が変わります。お気に入りバディで挑むのもよし、ストーリー上で因縁のあるボスキャラにぶつけたいキャラクターを編成するのもよし……。何度も周回したくなります。フルボイス3Dですよ!
こういう感じで自分で潜入ルートやそのルートに最適なバディを選んで計画実行する!っていうのが物語を動かしている気持ちになり、面白い。


……よしよし、大分日本語が話せている気がするぞ(当社比)。
感想を言おうとすると「忍者がえっちでさ……」みたいなことになるので日本語をひねりだしている。忍者はえっちですが……。
オジサンは、良いよね……。

かくいう私もまだクリアしていません。
たぶん半分は超えている、と思う。プレイ時間はいま25時間くらいです。
サブストーリーも含めて結構ボリュームある!

とっつきやすく誰にでもおススメできる難易度&癖(ヘキ)を求める層にも届く深めのキャラクター描写の『バディミッションBOND』、是非是非やって一緒に忍者さんの話をさせてほしい……ウウ~~~(嗚咽



寝ましょう。おやあま~
ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2019/07/04

SF人狼ゲーム『グノ―シア』をやったよ



しゃ~~~みん(挨拶)。

こんばんやっぴー!
先日からSF人狼ゲーム『グノーシア』にドハマりしているあまよです。
とりあえずこの動画を観てほしいんだ。






グノーシアは嘘をつく。人間のふりをして近づき、だまし、そして身近な人間を一人ずつ、この宇宙から葬り去る――。

漂流する宇宙船内にて、人間を襲う未知の敵「グノーシア」に直面した乗員達は、誰が敵なのか分からない状況でこの危機を収束させるために、一つの解決策を試みる。 最も疑わしい人物から一人ずつコールドスリープさせ、船内に紛れ込んだ全てのグノーシアを活動停止させるのだ。

しかし、その人物が本当にグノーシアだったのか、あるいはスケープゴートにされた哀れな人間だったのか、知ることは難しい。最後に笑うのは人間なのか、それとも――?

(グノ―シア公式サイトより引用)

 

SF×1人用人狼ゲーム。価格は2480円。vitaのダウンロードのみ。

基本情報の説明おわりー。
あとは言いたいことだけ言うぞ!

このゲームでは、一人用人狼ゲームを繰り返すことでメインストーリーを進めていくのですが、その人狼部分が面白いのです!

一人用人狼ゲームと言えば、私は某神漫画の某ゲームを思い出してしまい、ちょっと抵抗がありました。
いや、あれも面白いところはあるんですけど、CPUの動きが単調なので作業ゲー感が否めないし、単純にハードモードにすると勝てなくなってしまう(下手だからじゃな……い……)。


ですが『グノーシア』では、キャラクターごとに個別のパラメーターが設定されていて、そのバランスが絶妙で、15人の個性がぶつかって毎回驚きの展開が味わえるのです。
リアルな対人人狼ゲームの雰囲気。

n7Kp0tZ7_(1)_convert_20190703002736.jpg

親の顔よりよく見る画面。ラキオ好き。

個人的にはリア狂キャラ(失礼)の動きがリアルすぎて……村に一人はいる気がする……
いや、私はそんなに人狼をやったりみたりしたことはないのですが、少ない観戦経験でも既視感がある。


推理要素としては、誰が誰を疑っていた・かばっていた・占い霊能結果・噛み結果などの考察が主です。
主人公ももちろん議論に参加し、疑ったりかばったりできるのですが、あんまり目立ちすぎるとヘイト値(見えないけどあるらしい)が高くなるので注意。
普通の人狼ゲームとは違い、自分が脱落するとおわりなのでヘイトコントロールが大事ですね……
最初のほうは初手コールドスリープされまくりましたw

とまぁ、こう書くと推理力が試されるのか……という感じですが、これはプレイスタイルによるものが大きいとは思います。
主人公のパラメーターもあり、これは毎回もらえる経験値で好きに成長させることができます。
「カリスマ(高いと周りがついてくる)」「直感(嘘を確率で見抜ける)」「ロジック(論理的に説得できる)」「かわいげ(コールドスリープはれにくい)」「演技力(嘘がばれにくい)」「ステルス(噛まれにくい)」です。

私は「直感」「かわいげ」に多目に振って、可愛らしさでコールドスリープを免れつつわいてくる直感を頼みにグノーシアを見つける……というプレイスタイルでした。

ロジカルのあまよとは? はて……?

でもでも、最後のほうはやっぱカリスマ欲しいよなーとなってカリスマに振り直したりもしたのでね。かわいげ頼みだったのがカリスマ性を身に付けていくのは人狼っぽくない?(?)

ですので、人狼初心者でもステータス振り次第で勝てるようになりますし、やってくうちに慣れてきます。ストーリーが進むと周りも強くなりますが。

狐や狂人まじりのときは占い師3霊能者2以上になることも多いのですが、自力で破綻を見抜けると気持ちがいいですね……。そういうときは『絶対にこいつは敵だ!』と宣言できるスキルがあるので、バッチリ決まると最高です。よくラキオに先を越されます。

という感じで、ストーリーを進めるための周回も楽しく、無限にプレイすることができました。
特殊な勝利(敗北)台詞の数も多くて、いま2周目やってるのですが全然回収できてない……まだまだやらないと!

人狼部分も面白いしキャラクターも可愛くストーリーも良い。
無理やり難癖をつけるならば、ストーリー解放条件のヒントがあまりないので、数十ループの間ストーリーが進まないときがありそれはちょっとしんどかったかもです。早く先が見てぇんだ。
経験値あがるからいいんですけど。きっとこれから攻略サイトができることでしょう……


という感じ。書いてたら0時になったので寝ます。
ストーリーの感想とか書けなかったけど、ネタバレだしなぁ……ぐぬぬ。
キャラクターが全員好きになってしまうゲームなので、スピンオフとかあればね……読みたい……読みたい……
設定資料集とか出ればいいなぁって思います。

それでは……
ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
2012/05/05

「黄金の太陽 漆黒なる夜明け」をやってみた



こんにちは。
さてさて先日も言ったとおりGW前半中にこそこそやっていたゲームをご紹介します。

ニンテンドーDS専用ソフト、
黄金の太陽 漆黒なる夜明けです。ババーン。


黄金の太陽 漆黒なる夜明け黄金の太陽 漆黒なる夜明け
(2010/10/28)
Nintendo DS

商品詳細を見る



2010年に発売されたゲームで、ちょっぴり昔ですね。
2001年に発売された「黄金の太陽 開かれし封印」、2002年の「黄金の太陽 失われし時代」に次いでシリーズ3作目です。でも「漆黒なる~」からでも楽しめます。ジャンルはRPG。

某古本屋にて販売されていたので購入しました。
私は小学六年生の時にシリーズ一作目に嵌まりまして、そこから六年の歳月を経て、某古本屋さんにてこのゲームを発見した訳です。もともと探していたのですがなかなかなくてですね…まあ発売が二年前なので中古ゲーム屋さんにもあったらラッキーかもしれません。ちなみに家の近くの三軒のゲーム屋さんにはなかったです。


さてさて、四月後半に購入し、昨日クリアしました!ほぼ全クリです!ほぼ!隠しボスはまだです。w
総プレイ時間30時間…迷ったりサイドストーリーを進めたりしていたのでちょっと長いかも。
なかなか密度が濃い時間でした。満足ですー。

ステージの探索によるパズル要素・ジン(精霊)集め・綺麗な戦闘シーンなどRPGスキーは燃える要素盛りだくさんです!ストーリーは王道ですが、ちょっと暗めですね…。


続きから自己満足感想です。スタッフさん!続編待ってます!

>>続きを読む
ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »