FC2ブログ
2021/03/04

『リーガルダンジョン』をやりました



罪とは、どこから生まれるのか。
ここは、罪と罰、ノルマが入り組んだ迷宮。

(リーガルダンジョン トレーラーより)




こんあま~
やったゲームの感想を書き溜めるブログになっている。
ツイッターはネタバレ感想が非常に書きにくい~。


ゲーム『リーガルダンジョン』をやりました。
元々韓国語のゲームで、『グノーシア』を作ったひとたちが日本語翻訳をブラッシュアップしたという経過があるという本作。面白すぎたためそれを伝えるために再翻訳したくなったらしい。

それは期待できる……と前から気になっていたのですが、ニンテンドースイッチでできるようになったので早速プレイ。スチーム版もあるよ!






これね……すごかったんですよ……
プレイ時間は10時間程度だったのですが、4日間くらい感情を引きずってるので、大変コスパがいいですね……。
エンディング数はゲームオーバー含め14個。

ちょっと紹介を書く。

――――

主人公は警察官。
事件の関連資料を読み、被疑者の有罪/無罪を選択し、意見書を提出する。
その選択により、被疑者、そして自身の運命が左右されていく。

主人公が直接捜査を行うことはなく、部下が集めてきた捜査資料や関係法令・判例を参考にしながら捜査書類をつくっていきます。
被疑者の個人情報や適法条例・犯行事実などを入力し終わったら被疑者とダンジョンで議論バトルを行います(!?)。
そこで犯行事実を証明すれば有罪。
罪に当てはまらないことを証明すれば無罪の意見書を提出することになります。

――――


珍しい点は、有罪/無罪に客観的な正解が無いということ。
法令をどのように解釈し、どう境界線を引くのかはプレイヤーの選択次第。
良心、社会正義、組織としての意向……すべてを踏まえて選択しなければならない。


まずネタバレなしの概念感想。

この作品は、プレイヤーの選択により、物語が分岐する『インタラクティブゲーム』であるということを最大限に生かしていると思います。
主人公の行動を選択するのはプレイヤーです。
プレイヤーに選択させるからこそ、物語の最後に見えてくる主題が、ずしりと胸に響く。

全エンディングをみたあと、作者さんのインタビュー(翻訳)を読んだのですが、作者さんの意図を知ってから物語を見返すと、う、うまい……あまりにもゲーム作りがうまいよ……。
そして人がどうすれば罪悪感を抱くのかを熟知している。
このゲームは罪悪感3部作の1つらしい。……え、こういうのがあと2作も……・?

選択に苦しみたい人にはおススメのゲームです。
ちなみに私は苦しみたいタイプです!
ゲームに感情や価値観を揺さぶられることを求めている節があるので……。
現実社会の解像度が高すぎて自分の仕事がフラッシュバックして苦しむひともいるらしい。分かる。

エンディング回収は手軽にできると思います。
ただし心は軽くない。

翻訳ですが、立ち絵はないんだけどセリフだけでキャラクターの個性が出ていて良かったです。
この重さは文字だけだからこそ味わえるものだと思いました。書類には人格も感情も存在しないから。
とはいえメインビジュアルは最高なんだな。
川口さんの煙草、良いよね。……



というわけで追記で本命のネタバレ感想します……














>>続きを読む
スポンサーサイト



ゲーム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |