FC2ブログ
2014/01/26

『絶海ジェイル/古野まほろ』 感想

絶海ジェイル Kの悲劇’94 (光文社文庫)絶海ジェイル Kの悲劇’94 (光文社文庫)
(2014/01/09)
古野 まほろ

商品詳細を見る


読みました。
今回は感想というか、未読の方への紹介みたいな感じでネタバレを極力防いで書いてみます。
ストーリーには触れるので何も事前に知りたくない場合は気を付けてください……。
ですが「追記」部分には致命的なネタバレ感想をちょっと書きますのでご注意を。


まずはストーリーの紹介です。


先の大戦中、赤化華族の疑いをかけられ獄死したはずの祖父・清康が生きている。そう聞かされた天才ピアニストのイエ先輩こと八重洲家康(ヤエス・イエヤス)は、後輩の渡辺夕佳とともに絶海の孤島・古尊島を訪れる。だがそこは厳重な一望監視獄舎を擁する監獄島であり、思いもよらない罠が二人を待ち受けていた。家康は50年前の祖父と同じ方法で、命をかけた脱出劇を再現できるのか!?



とのことです(裏表紙より)。

「祖父・清康はどうやって脱獄したのか?」を解き明かすハウダニットって訳です。はう~~ッ
その解き明かし方ですが、それは後で書きます。

まず、本書は「イエユカシリーズ」の二作目にあたります。
一作目を読んでからのほうがイエ先輩とユカの関係の進展?を見てにやにやできますが、本書から読んでも問題ないと思います。ストーリーの把握に全く問題はありません。イエ先輩が天才ピアニストで超強くて超かっこいいことだけ分かっていれば万事OKです。

また、古野まほろ作品の特徴だと思うのですが、今作も衒学的な地の文をしています。
ですがですね、この衒学が今回は(今回も?)解決に大きく関わってきます。
まぁ、物語がイエ先輩の視点メインで進んでいくので(ちなみに一作目は庶民よりなユカ視点)、知識が鼻につく可能性は否めませんが、まぁ、解決に関わってくるので、ツッコミ不在なぶん読者がツッコミを入れながら読んでいきましょう。

さて、解決について触れます。

衒学が解決に関わる、と言いましたが、それは作中の他の要素についても同じです。


八重洲清康は無駄玉を撃たない


そして、彼の脱獄を再現してみせるイエ先輩もまた、無駄玉を撃たない。
つまり、作中のイエ先輩の行動は全て解決に関わってきます。
謎のイエ先輩の行動が一本の論理でつながった時の興奮です。はう~~ッ

解決(脱獄)までの論理は丁寧すぎるほど丁寧なのに、そこから導きだされる結論がぶっとんでいることが(一歩間違えれば■■■■(注:検閲により伏字)ですね……)また魅力だと思います。

とりあえず騙されたと思って読んでみてください。


では追記でちょっとネタバレします。






ちょっとだけ。
鳩の使い方が印象に残りました。
鳩操れるなら糸鋸とか手紙とか全部鳩に運ばせちゃえばよいのでは? と思いましたが、あえてそうせず(まぁもしそうだったら怒りましたが)、ピアノや備長炭に絡めている点です。
作中のものを全部解決に絡める、この点において本作はとても好みでありました。

ちなみに鳩は反則では……と思わなくもなかったですが、イエ先輩の演説に納得しちゃったので私の負けです。
ブーメランはそんなに気にならなかったですね。こういうトリックの場合、成功する可能性が0でないなら私はOKだと思います。トリック実演でやってみたいですね!


以上です。
ユカ~~しあわせになってくれ~~たのむ~~
スポンサーサイト



古野まほろ | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
読む快感が得られるよ
古野まほろさんの新作『背徳のぐるりよざ セーラー服と黙示録』を読みました。
ありえない設定なのに緻密な世界観がすごいね〜。

http://birthday-energy.co.jp/ってサイトは古野まほろさんのことを常人には考えつかぬほど、精巧で芸術的な、非の打ち所のない冷徹な創造力を発揮する、なんて書いてましたよ。どうなんだろ?コラムをぜひ読んでね♪
「ハレる運命2014」も配信中!!

管理者のみに表示